不動産の取引を業とするには、宅地建物取引業(宅建業)の免許が必要です。
その行為にはどのようなものがあるかというと、
●自己物件の売買・交換
●他人物件の代理による売買・交換・貸借
(代理とは、売主・貸主等の代わりになること)
●他人物件の媒介による売買・交換・貸借
(媒介とは、売主と買主・貸主と借主の間に立って取引を行うこと)

自己物件を賃貸するのに免許はいりません。また、単に自分の持っていた不動産を売る行為は宅建業にはなりませんが、不特定多数の人に分譲すると業とみなされる可能性があります。
不動産管理業も取引ではないので、免許はいりません。