合同会社(LLC)は、現在は新たに設立することができなくなった有限会社に近い組織といえます。会社法が施行されたことで、株式会社でも1人会社が設立できるようになったため、小規模な会社であれば、株式会社でも近い組織が作れます。合同会社(LLC)と株式会社の比較

では、どの会社がいいのか?
それぞれメリット・デメリットがあるので、それらをふまえた上でどの会社にするのか選択することになります。

合同会社株式会社
出資者の呼び方社員(会社員の意味とは異なる)株主
経営(代表者)と所有(決定権)原則社員全員が業務執行(経営)を行うが、定款で業務執行権の有無を分けたり、代表者を決めることもできる。
議決権は1人1票。定款の変更などには社員全員の賛成が必要。
1人以上の取締役がおり、その中から代表取締役が定められることがほとんど。
取締役と出資者(株主)は必ずしも一致しない。
出資額に応じた議決権があり、大株主の意見が反映されることになる。
公証役場での定款認証手数料0円5万円
法務局での設立登記(登録免許税)6万円15万円~
任期に伴う役員変更登記(登録免許税)0円(任期がないため)2~10年ごとに1万円
利益の配当社員間で自由に決めることができる出資比率に応じた額
決算公告不要必要

合同会社は費用面などでお得ですが、社員の数が多かったり社員間で意見の対立が起こると登記事項を変更するときなどに社員の同意が得られず変更できないおそれがあります。1人で出資する場合や家族経営に向いている法人の形態といえます。
ただし、上の表にも記述したように、「業務執行社員」と経営権のない「社員」に分けることができるので、社員が多くても業務執行社員を制限しておけば経営の停滞を防ぐことができます。
今のところ世間の認知度が低いという欠点がありますので、いきなり事業を始める場合や新規開拓していくには株式会社の方がいいかもしれません。すでに売り上げや得意先のある個人事業主が法人成りする場合や飲食店や介護事業など社名とは別に店名や事業所名が前に出る事業であれば認知度の影響が少ないかもしれません。
合同会社と株式会社は互いに組織変更の登記をすることができますので、現状に合わなくなれば変更するのも手です。