合同会社(LLC)の設立の流れ

1:定款の作成・・・お客様の希望を基に行政書士が作成します。
2:資本金の払込み、必要書類の作成・・・社員全員が代表社員の口座に払い込みます。
3:法務局で設立登記申請⇒法人設立完了
4:法務局で登記事項証明書・印鑑カード・印鑑証明書の取得
5:会社設立の届出(税務署・府税事務所・市役所)、銀行口座開設
6:必要に応じて、年金事務所で社会保険の手続、公共職業安定所・労働基準監督署で雇用保険・労災保険の手続など

合同会社の定款は、株式会社のように公証役場での認証が不要なため、株式会社の設立に比べ時間も手間もかからず設立することができます。

合同会社の設立の依頼に際し必要なもの

ここでは、代表社員が個人で現物出資がない場合を示しています。
1.代表社員名義の預金通帳・・・払い込みをすべき社員がこの口座に出資金(資本金)を払い込みます。
2.代表社員の印鑑証明書
3.法人印(会社代表印)・・・会社の実印として登録しなければなりません。銀行印や角印は必要に応じて作ってください。