建設業許可の必要性

建設業の許可は建設業を行っている業者すべてが取らなければならないわけではありません。

建設業許可が必要になるのは、下記の工事をする場合です。
●建築一式工事であれば、1件の請負額が1,500万円以上(税込)の工事、または延べ面積150㎡以上の木造住宅工事
●建築一式工事以外の工事であれば、1件の請負額が500万円(税込)以上の工事

建設業許可には建築一式工事と土木一式工事の2つの「一式工事」と26の「専門工事」の計28業種があります。
建築一式工事の許可を持っていれば、600万円の内装工事のみができるかというとできません。この場合、内装仕上工事業の許可が必要です。一式工事とは、総合的な企画、指導及び調整のもとに行う工事をいいます。

建設業の許可は業種ごとに必要です。要件を満たせば、後から業種の追加は可能です。

余談ですが、建設業許可が必要ない低額な工事しかしなくても、下請けをするときに親会社から要請されることもあります。
許可を持っているという信用面から建設業許可を取得することもあります。