建設業許可の申請の種類

  1. 新規
  2. 許可換え・・・知事許可と大臣許可を変更
  3. 般特新規・・・一般建設業と特定建設業を変更(同じ業種で両立しません)
  4. 業種追加・・・現在の許可に別業種を追加
  5. 更新・・・・・許可番号をそのまま継続
  6. 般特新規+業種追加
  7. 般特新規+更新
  8. 業種追加+更新
  9. 般特新規+業種追加+更新

建設業許可の有効期限

建設業許可の有効期限は、許可のあった日から5年間です。
期間満了の30日前までに更新をしなければなりません。
更新するには、許可を受けてから更新までの5期分の決算変更届が提出されていなければなりません。
更新忘れのデメリット
●建設業許可を新規で取り直しすることになります。
●許可切れの間は請け負う工事金額が制限されます。
●新しい許可を取れても、許可番号が変わってしまいます。

建設業許可を取るまでの時間

大阪府では、申請してから許可が取れるまで約30日かかります。
あとは書類作成の期間が許可取得の時間を早めることになります。
急いでほしいという声には全力で対応しますが、要件の確認書類など、お客様に用意していただかなければならないものがあります。お客様のご協力が許可取得の早さにつながります。